不完全な明細書

明細書の重要性を知らないまま、出願するのは非常に危険です。明細書の質がそのまま登録の成否に結びつくからです。
ここでは、特許事務所に依頼しなければならない理由を説明します。

特許出願の明細書作成を特許事務所に依頼する理由

特許事務所に依頼した際の費用を節約するため、特許事務所に依頼せずに明細書などの手続き書類を自分で作成しようとする人がいます。

しかし、弁理士と素人による出願では、結果が全く異なってきます。
自ら特許の出願書類を作成してしまう場合は、以下のようなデメリットが生じてしまう場合があります。

  • 特許が登録できなかった!
  • 発明を十分に保護できない(権利範囲の狭い)特許権になってしまった!
  • 登録までに非常に労力・コストがかかってしまった!

もちろん、トータルでかかる費用は安いに越したことはありません。

しかし、上記のような抜けのない特許出願をしたいのであれば
明細書などの出願書類を軽視せず確実に特許事務所に依頼するべきです。

それでは、なぜそこまでの差が出てしまうのでしょうか?

特許登録の明細書作成を特許事務所に依頼しなければならない3つの理由

ここでは、なぜ特許の場合は明細書がそこまで重要なのか、なぜ事務所に依頼しなければならないのかという3つの理由を説明します。

1, 特許においては明細書が最重要

明細書とは、特許請求の範囲と並ぶ出願の最重要書類です。
特許請求の範囲の用語の意義を解釈したり、新技術を公開する技術文献として機能し、発明を第三者が実施できるように説明・開示する書面です。また同時に、出願内容が特許要件を満たすものかどうかを判断するために使われる審査書類でもあるのです。

明細書などの出願書類は、出願後には、補正として内容について詳細を追記することならば可能ですが、新規事項を盛り込むことはできません。従って、十分に検討したうえで出願しないと、権利範囲の狭い特許権になってしまう可能性があります。また、記載要件を具備しておらず、何度も修正することになるとその分、中間処理に多額の費用がかかります。

2, 明細書作成には経験が必要

明細書は、「発明の名称」「発明の詳細な説明」「図面の簡単な説明」に分かれており、「発明の詳細な説明」が最も重要です。「発明の詳細な説明」には当業者が発明を実施できる程度に明確かつ十分に記載する必要があります。文献情報としての役割、特許請求の範囲の解説欄的役割を有するためです。
一度見ればわかりますが、明細書は独特の記載方法で書かれています。普通の文章を書くことが得意な人でも、慣れないとなかなか上達しません。上位概念から徐々に下位概念に落としていったり、権利範囲を広げるために様々なことを盛り込んだりすることで複雑な文章になります。発明をどれだけ展開できるかが明細書の質に関わってきます。「一人前の弁理士になるのに10年かかる」といわれる所以です。
また独特の記載方法なため、初めて見るとわかりづらいと思われる方もいるでしょう。弁理士によっては、権利範囲をぼかすためにあえてわかりづらく書いている弁理士もいます。侵害訴訟になったとき、権利範囲があいまいな方がいろいろな主張がしやすくなるためです。

3, 登録できるかどうかは明細書と特許請求の範囲で決まる

特許を登録できるかどうかはほぼ明細書と特許請求の範囲によって決まります。

特許登録するだけなら、権利範囲を確定する「特許請求の範囲」を狭めればかなりの高い確率で登録できるのです。しかし、それでは権利化してもほとんど効果のない特許権になってしまいます。
本当に強い特許の明細書というのは、あらゆる実施と侵害を想定し、できるだけ広い範囲で技術を独占できるように書かれています。広い範囲で技術を独占するような特許と登録率は相反する部分もあり、登録できるギリギリのラインで明細書を作成することは専門的な知識とノウハウがなければ極めて難しい事です。特許事務所の弁理士ならば、技術範囲と登録できる可能性との均衡を見定める経験とそのような明細書の書き方についてのノウハウの含蓄があります。そこが事務所に依頼する最大のメリットであると言えます。