特許権の効果

「特許権の設定登録??結局、どういう効果があるの?」

発明の特許を取得するのと、しないのとでは何が違うの?結局、特許の設定登録することでどんな効果があるのか分からない・・・。なぜ、多くの会社が自社の特許権を設定登録しているのか?ここでは、そんなあなたの疑問を解決します。

社長!最近新聞やニュースでよく特許や知的財産関連のニュースを見ます!うちの会社でも特許権をとりましょう!

とろうとは思っているのだがなぁ・・・手続きとかも複雑そうだし、特許権を維持するのにも費用がかかるそうじゃないか。それに実際に特許をとっても具体的にどんな効果があるのか分からないんだ。

確かに維持費とかはかかるかもしれないですが・・・でも特許権をとるとその技術を独占的に使用できるそうですよ!

独占的に使用できても、どんな効果があるのか分からないからどのように使えば得をするのか分からないんだ。キミはわかるかい?

うーん・・・分かりません。

多くの企業が当たり前の様に自社の発明を特許権の設定登録をしています。
しかし、その一方で特許権の設定登録をするとどのような効果があるのか、
特許権の設定登録が本当に必要なのかわからない人も多くいます。
あなたは特許権を設定登録することで、

次のような効果があることを知っていますか?